『逃げ恥』主演二人の結婚発表受けて急上昇、『東京リベンジャーズ』2位に上昇など~定額制動画配信サービス ウィークリーランキングTOP30~(実査日5月22日、調査対象期間5月15日~21日)

※ 視聴者数pt:下記の実査日において過去1週間以内にそのタイトルを見た人の多さを示す

■ 全体 タイトル別ウィークリーランキング TOP30

●上位作品の顔ぶれに変化がないなか、『東京リベンジャーズ』2位にランクアップ

今回、TOP10作品の前週からの変化はいずれも上下1~2ランクと、顔ぶれに大きな変化はありませんでした。そのなかで、先週3位に上昇していた『東京リベンジャーズ』が、今週『名探偵コナン』を抜き、2位に浮上しています。視聴者数ptも、前週の59ptから14pt増の73ptを記録し、1位にランクインした『呪術廻戦』の94ptに迫る勢いです。

本作は実写の劇場版公開が7月9日(金)に予定されています。アニメ人気の高まりと同様、劇場版の鑑賞意欲や公開週の興行収入見込み値も順調に高まっており、劇場版のヒットにもますます期待がかかるところです。

●『逃げ恥』大幅ランクアップ、主演二人の結婚発表受けて話題度急上昇

11位以下では前週から大きく上昇した作品が多くTOP30入りしています。『ハイキュー!!』は前週34位から19ランクアップして15位、『シャドーハウス』は前週42位から23ランクアップして19位、最新作が劇場公開中の『るろうに剣心』は前週32位から12ランクアップして20位に入りました。

今回、TOP30で最も大きなジャンプ幅となったのは、前週422位から393ランクアップして29位にランクインした『逃げるは恥だが役に立つ』です。本作は主演の新垣結衣と星野源の結婚が大きな話題として各種メディアで取り上げられていますが、本ニュースをきっかけにドラマを見直した人も多かったことが伺えます。本作は、Amazonプライム・ビデオ(13pt)やParavi(4pt)などで視聴されていました。

■定額制動画配信サービス タイトル別 調査概要
【調査方法】インターネットアンケート
【調査対象】日本在住の15~69歳の男女
【回答者数】各回 約7,000人 
【数値重みづけ】総務省発表の人口統計を参考に回答者を性年代別に重みづけ
【集計方法】視聴したタイトルについては自由回答方式で聴取。これをGEM Partners開発によるエンタメコンテンツ辞書を用いて名寄せ・集計を実施。タイトルごとの視聴したシーズン数やエピソード数等は区別せず、一部でも観たと回答した人を視聴者としてカウント。また、劇場/テレビ版や海外/国内版も同一タイトルとしてカウント(一部例外あり)。複数回観ても1カウントとしている。
※名寄せ辞書のアップデートに伴い、過去に遡って値が修正されることがあります



カテゴリー:配信ランキング

タグ:,