『鬼滅の刃』2022年も首位独走でスタート、後を追う『呪術廻戦』、『スパイダーマン』急上昇(2022年1月第1週、対象期間:1月1日~1月7日)

エンタメコンテンツランキングやデータ情報を発信する「GEMランキングクラブ」プロジェクトにて作成した2022年1月第1週の「定額制動画配信サービス コンテンツ別週間ランキングTOP20(実査日:2022年1月8日、調査対象期間:1月1日~1月7日)」を発表します。

※ 視聴者数pt:下記の実査日において過去1週間以内にそのコンテンツを見た人の多さを示す

本ランキングは19の定額制動画配信サービス(ABEMAプレミアム、Amazonプライム・ビデオ、Apple TV+、dTV、dアニメストア、FOD、Hulu、J:COMオンデマンド、Netflix、Paravi、Rakuten TV、SPOOX、TELASA、TSUTAYA TV、U-NEXT、アニメ放題、ディズニープラス、バンダイチャンネル、ひかりTVビデオサービス)の視聴者数ptを横断して集計しています。

『鬼滅の刃』が2022年初週も首位獲得、前年から引き続き13週連続

2022年初週の1位は『鬼滅の刃』がランクインしました。最新シリーズ「遊郭編」が放送・配信中のなか、前年から引き続き13週連続の首位獲得となります。視聴者数ptは前週212ptから230ptとさらに伸長し、この13週で最高値を記録しました。本コンテンツの人気が衰えることなく、高い値で推移している事が分かります。

2位は『呪術廻戦』がランクイン。これで3週連続の2位獲得となります。『劇場版 呪術廻戦 0』が大ヒット中のなか、視聴者数ptは前週63ptから79ptと増加しました。

3位には、Amazonプライム・ビデオで見放題独占配信中の『王様ランキング』がランクインしました。TOP5入りを複数回果たしている本作ですが、TOP3入りは今回が初。1月7日(金)から第2クールの放送・配信が始まったことによる影響と推察されます。視聴者の内訳をみると、男女比は約6:4と若干男性寄り、年代別では40代で特に高い視聴者数ptを集めました。

続く4位にはAmazonプライム・ビデオのオリジナル・バラエティ番組『バチェラー・ジャパン』、5位にはNetflixのオリジナル実写ドラマ『イカゲーム』が入り、前週同様TOP5はアニメ作品が実写作品数を上回る結果となりました。

『エヴァンゲリオン』『見える子ちゃん』、シリーズ一気見可能な作品が急上昇

今週、2021年にシリーズが完結した2作品が急上昇しました。前週28位から12位に浮上したのは『エヴァンゲリオン』。新劇場版シリーズが、昨年劇場大ヒットの後に完結し、Amazonプライム・ビデオで見放題独占配信されています。視聴者の内訳をみると、男女比は約7:3と男性寄り、年代別では30代、40代で高い視聴者数ptを集めました。

前週29位から17位にランクアップしたのは『見える子ちゃん』。2021年10月3日(日)から放送・配信が始まった秋アニメですが、12月19日(日)放送回で最終話を迎えました。男女比は約6:4と若干の男性寄り、年代別では20代と40代で高い視聴者数ptを集めました。

最新劇場版大ヒット中の『スパイダーマン』シリーズTOP20入り

スパイダーマン』シリーズが前週45位から19位へ急上昇し、TOP20入りを果たしました。1月7日(金)に劇場公開された最新作『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』の影響により、過去作や関連シリーズの振り返り視聴があったと推察されます。視聴者の内訳をみると、男女比は約7:3と男性寄り、年代別では15-19歳、20代、30代の若年層で高い視聴者数ptを獲得しています。

■定額制動画配信サービス コンテンツ別 調査概要
【調査方法】インターネットアンケート
【調査対象】日本在住の15~69歳の男女
【回答者数】各回 約7,000人
【数値重みづけ】総務省発表の人口統計を参考に回答者を性年代別に重みづけ
【集計方法】視聴したコンテンツについては自由回答方式で聴取。これをGEM Partners開発によるエンタメコンテンツ辞書を用いて名寄せ・集計を実施。コンテンツごとの視聴したシーズン数やエピソード数等は区別せず、一部でも観たと回答した人を視聴者としてカウント。また、劇場/テレビ版や海外/国内版も同一コンテンツとしてカウント(一部例外あり)。複数回観ても1カウントとしている。
※名寄せ辞書のアップデートに伴い、過去に遡って値が修正されることがあります



カテゴリー:配信ランキング

タグ:,